松戸市の家族葬の概要を説明します

家族葬というのは、昔はあまりなかったものの、最近ではよく耳にする機会も多くなってきたことばであるといえます。実際のところ、明確な定義があるわけではありませんが、基本的には亡くなった人にごく近い、家族、親戚、友人などの内輪だけで執り行う葬儀のスタイルであるといえます。そうした点からいえば、地域の住民が総出で葬儀の手伝いをして、参列者も地域や会社、学校などのあらゆる関係者を集めるという、従来のスタイルとは、だいぶかけ離れた部分があるともいえます。松戸市のように、都心からも近く、大規模なニュータウンが造成され、全国から多くの人々が流入し、多様な考え方に理解のあるエリアでは、このような新しいスタイルでの葬儀というのも、比較的よく行われているものです。

手順としては一般的な葬儀と同様の部分がある

松戸市の場合であれば、会場を葬儀社が所有している葬祭ホールの小規模な室内で行うことも、また自宅で行う場合も、両方ともありえますが、基本的に家族葬とはいっても、葬儀の手順や流れそのものは、一般的な葬儀とあまり変わらない部分があります。参列者は黒系統の喪服を着用するのがふつうですし、宗派に応じてですが、読経や焼香、献花なども行われます。また、出棺時には参列者でお見送りをして、その後は火葬、納骨というのも、やはり同様のことといえます。そうした点では、もしも参列の呼びかけがあったとしても、作法などについては、ごく一般的なことを理解していれば安心であるといえます。ただし、祭壇なども生花などを主体として、派手な飾りつけはしないようにして、アットホームな雰囲気を出すように工夫している場合が多いということは、特徴的であるといえるでしょう。

その人らしさやオリジナリティを追求する場合もある

松戸市での家族葬ですが、通常は葬儀社のほうでも専用の小規模なホールを準備していますので、そこでは祭壇に加えて、亡くなった人が大好きだった趣味にかかわる写真や絵画を展示していたり、音楽を演奏したりといった、オリジナリティあふれる演出をすることがあります。自宅ではスペースや近隣住民との関係から、そこまで大々的にはできませんが、専用のホールであれば、それが可能という部分があります。基本的には亡くなった人を親しい人たちだけで偲ぶことができる空間をイメージしてのものですので、あまり儀式だからといってよそ行きのふるまいをする必要もないというところは、家族葬のもっとも大きなメリットになるといえます。そのため、たとえば子供を連れて参列するといったことも、一般的な葬儀とは違って、特に問題となるようなものでもありません。